道 場 心 得

1. 当道場では、挨拶は「はい」ではなく、「押忍」の返事に徹する事。
2. 当道場は、「武道場」です。(公共施設も使用中は武道場として使用)
会員は、入退場の際は、十字を切り、「押忍」の挨拶をする事。
3. 稽古中(休息中も含む)は、私語を慎み、勝手な行動を禁止する。
4. 稽古に遅れて来た場合は、準備運動を終え、正面に背を向け正座して、指導員の「入って良し」の許可が出るまで待つ事。
許可が出たら、「押忍、失礼します」の挨拶と共に、速やかに稽古に合流する事。
5. 道場間では、帯が上の者が先輩である。(年齢は関係なし)後輩は、先輩の指示には必ず従う事。
先輩に対し、意見、相違感があった場合は、「押忍、失礼ですが・・・」「押忍、お言葉ですが・・・」等、武道空手マンとしての
品格、礼儀を持って接する事。
6. 先輩は、奢る事なく、後輩に品格を持って、優しく、厳しく(稽古は厳しいのが当たり前)接する事。
7. 稽古終了後は、全員で速やかに清掃を行う事。公共施設等を使用した場合は、来た時より、綺麗に清掃して退館する様に
心得る事。
8. 指導員、準指導員等は、後輩の指導に当たり、率先して支部主催の行事(稽古、合同稽古、大会、昇級審査、合宿等)に
参加させる様、指導する事。会員の協調性を高める為です。
9. 指導員、準指導員は、支部長が認可した者で、その他以外の者の指導は固く禁止する。
総本部から支部長へ、支部長から指導員へ、指導員から各会員へと理念が確実に繋がる為です。
10. 準指導員(緑・茶帯)は、指導稽古の際は、会員と共に動き,その中で指導し、口頭指導は極力しない事。
(口頭指導は、指導員(黒帯)に限る)指導稽古も自分との戦いです。
11. 以上、武道空手マンらしく、品格を持ち、新極真会 熊本中央支部の会員としての自覚を持ち、強さ、人格形成を追及する事。

Copyright (C) 2007 Shinkyokushinkai KumamotoChuohshibu All Rights Reserved.