平成22年 WKO昇段審査会

 平成22年3月7日、総本部道場にてWKO昇段審査会が開催されました。
 現役のトップクラス選手や、海外の有力選手が数多く参加する厳しい審査会となるなか、山崎保広熊本中央支部支部長が、見事参段に昇段しました。
 また、今回の昇段審査の受審者のなかでは最も年長の56才での参加でしたが、基本稽古、移動稽古、型、補強と、審査員の厳しい目が向けられるなかで、特に組手の審査においてすばらしい動きをみせての参段昇段となりました。





Copyright (C) 2007 Shinkyokushinkai KumamotoChuohshibu All Rights Reserved.